So-net無料ブログ作成
検索選択

ユリ熊嵐 ~百合にむせかえる [アニメ]

幾原監督三年ぶりの新作アニメ、ようやく始まった。
見る前に『熊嵐』をwikiで調べたり期待感MAXであった。
そして感想

ファンシー熊百合ポルノ風味アニメ… ううむ。
百合はいいとして[たらーっ(汗)]熊の造形が小熊だからか、凄惨さは感じない。
宇宙からの侵略者?が人を喰らうとか、寄生獣を思い出したわ(自分内トレンド)。
キャラクターがファンシーなので見やすいし、女の子ばかりでなくジャッジメンズなど
キラキラな男性も出るけど、メインは女子高生と熊、だものなー。
イクニ作品らしく、色々と暗喩も多そうだけど。
それと女の子のおヌードも多くて、規制にかからなければ良いがの。


前作ピンドラは無償の愛と宮沢賢治のモチーフが、タブーとされる事件も凌駕する
感動作として心に残ったし、ペンギンもマスコット以上に役割を果たしていた。
果たして今回の熊たち、ガウガウー!は浸透するか。





トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。