So-net無料ブログ作成
検索選択

11人いる!鑑賞メモ [演劇]

今日は驚くばかりの豪雪[雪] 雪がこんなに厳しいものだったとは。
豪雪地帯の方々にはお見舞い申し上げたし。

所で一昨日、紀伊国屋ホールでSTUDIO LIFEの公演『11人いる!』を見に行ってきた。
(これは『続・11人いる!東の地平 西の永遠』に合わせての再演)

実はライフの公演は結構昔から見ていて、「トーマの心臓」の初演から「死の泉」あたりまでは
大体見てきた古参のファンなのである。(と言ってるわりには、10何年振り。)

劇場入り口で出迎えてくれたのは、もしかして藤原啓児さん?!などと、いきなりテンションUP。
最後に原作を読んだのはいつだっけなー、しかし萩尾ファンとしては、シーンやセリフなども
暗記する位に読み込んでいたので、敢えて再読せず(いばるな)。

宇宙大学の受験生... 最近で言うと、宇宙兄弟での選抜試験を思い出すけど(閉鎖空間などの)、
この作品が発表されたのが1975年ということを思うと、いかに想像力の幅が広かった事か。
そして宇宙空間、舞台ではどうなるんだろ、原作を読んでないと厳しいかしら、などと
余計なお世話なことを思いつつ舞台は始まったが、全くの杞憂であったことよ。

11人のメンバーはポップでカラフルに彩られ、王様もタダもフロルもアマゾンも、皆漫画から
抜け出してきたような... こういう時、初めて作品を読んだ時の自分が心の中に蘇ってきた
ような不思議な感覚に陥る。要するに「キャーー!」なのだ。わくわくしてキュン死(今風に)。
もう、上手いとか下手とかは二の次(二次元原作だけに)。←失礼[ちっ(怒った顔)]

タダ役は荒木健太郎さん、(wikiったらイタリアン・クォーターでアラーキーの甥っ子ですってよ)
イケメンでスタイル素晴らしく(遠目には水嶋ヒロ風)、ライフという劇団の象徴のようだ。
フロルは及川健さん(トーマⅡ期からのひいき俳優[わーい(嬉しい顔)])、相変わらずキュートだ(美魔王子?!)
外見に反して?声は逞しいので、はねっかえり(この表現好きだ)のフロルそのもの[かわいい]
王様の曽世海司さんも久しぶりに演じている姿を見て、王様そのものだー!とまた興奮。
何だか同窓会にでも来たような感じ(知っている役者さんが及川さん、曽世さんしかいなかったけど)。

船外のシーンなど、下手したらコントになってしまうかと思いきや(ドリフとかのイメージで)、
ここもライフ流に幻想的なシーンになり、印象的だった。
アクションシーン(主にケンカ)も見せ方がダンサブルというか、ミュージカル的(ミュージカル
よく知らんけど)で、コミカルで魅了された。

*ネタバレもあるで*

スクランブルのボタンを押すシーンなどは、緊迫していて胸が締めつけられたわあ。
フロルがくやし涙にくれる表情が好きだったんだけど、タダとフロルのラブが素敵だったので
細かいところはツッコまない。
そのほか、原作のシーンがあんな風に!と色々再発見する楽しみもあるので、既読・未読に
関わらず楽しめそう。あ、でも読んでしまうと11人目が...(ジレンマ)。
カーテンコールで藤原さんも登場し、また懐かしさにしみじみしたのだった。
タダとフロルのダメ押しのキャッキャウフフも眼福。
物販では舞台終えたばかりの役者さんも、売り子してくれた[るんるん]
このサービス精神は不滅なり[ぴかぴか(新しい)]
初期はチケット受付も、役者自ら電話に出てくれてたっけ(指名も出来る)。

11人いる!.jpg





共通テーマ:演劇

flowers2月号 *感想* [漫画]

非常に今更感があるけど、2月号の感想~[猫]
今月は読みきりナシ、ちょっとコンパクトな感じ。(風光ると7SEEDSは除く)


失恋ショコラティエ... ついにサエコマジック行使(!?)ああ~、薫子とハチ合わせるの?
             そしてえれな...[たらーっ(汗)]何だかんだで翻弄されるソータ、どうすんだ[がく~(落胆した顔)]

月影ベイベ... 伯父さんと女子高生で、時をかける少女なお話かと一瞬思ったら、違った。
         所で前に、ドラマの愛の流刑地の再放送を見てたらおわらが出てきてちょっと驚き。
         小玉先生はご存知なのであろうか(超ドロドロ&エロエロ)。

しろくまカフェ... カナダヤマアラシくんは大野・相葉君。タテガミヤマアラシくんは松潤と見なした。
          キングペンギンさんの「釣って」にバカうけ~[グッド(上向き矢印)]

エンジェルトランペット... 回想回は前の話を忘れた頃に出てくるのね。まりも母逞しい。
               最後、まりもが凛をとりあげたみたいだな。

アシさん... むさりゅ同人誌に狂喜する山猫先生に萌える[わーい(嬉しい顔)]
       睦よりサブキャラが素晴らし過ぎる。オチも最高[exclamation×2]

とりかえ・ばや... ええー、同性婚ってアリなの[exclamation&question]ちょ、母ちゃん呑気過ぎ!

姉の結婚... 女子大生、早々に玉砕?んでもキープ君(古い)がいる内は、本当の恋じゃないもんな。
        ところで、この女子大生が昔の稲森いずみの役(ロンバケとか)みたいだなー。
        もし実写化したらヨリは深津絵里かなー。真木はやっぱり福山雅治かな、と色々妄想。
        
天狗の子... ウララが髪切った秋姫に見えてしまうー。実質主役?福山様もついにお姿を...[揺れるハート]

準備中。... おお、今月は読みやすい!(何か基準がそこに...)もしかしたら日生以外が主役回は
        良いのかも?というか帝は女なのかと思っていたが...(『家政夫』じゃダメなの?)

薄幸日和... 遊女の悲しい歴史に涙[もうやだ~(悲しい顔)]儚さは美しさ。

さんすくみ... アシさんを読んだ後だと、孝仁と恭太郎はホ○カップルではないかと疑われなかった
         だろうかと。ハートチョコ、1度で指輪が出てきて良かった[かわいい]

さよならソルシエ... 同じこと言ってもテオの方がスカしてるせいか、ストレートに伝わらなかったな。
             今更だけど、兄メインの方が面白くなるんでは。
             穂積さんの『式の前日』は評判に違わず良かったけどなー。
             (再読に堪えうる充実度)その他の作品で、これを越えるのが未だ見当たらない
             のが惜しいことよ。

雲のたまご... 極彩色の鳥とか、絵本で読みたい感じ[本]ほのぼの~

宇宙屋台へおいでませ... 窓辺の3人娘に、匿名探偵を思い出した不埒な私。最終回は惜しい。 

《追記》 この前の王様のブランチで、式の前日が紹介されていたけど、さりげなくネタバレしてた☆
     しかもflowers担当自ら。いいのか?[ふらふら]      



         

共通テーマ:コミック

2013年はロボジーからの~ [映画]

新年が明けてもう5日[グッド(上向き矢印)] まもなく6日... ってゆる過ぎ!
こんなブログでも、ご訪問された方には感謝[キスマーク] 今年もどうぞ、ごひいきに~[晴れ]

さて、今年初の映画(といってもDVD)はロボジー。丁度1年前の公開で、面白そう~と思っている内に
1年経ってしまった。年月とはこういうものかは。
で、ストーリーは特に意表をつかれるところはないのだけど(出オチ?)、安心して緩さに
身を任せられるロボジーワールド。かもめ食堂や、めがね等のまったり映画好きの私には
劇的ツボだった。
吉高由里子も、今まで見たどの役柄よりもハジけて輝いて見えた[ぴかぴか(新しい)]
そして本編と同じ位に、エンドロールのイラストハートを撃ち抜かれたのだった[爆弾]
(ソリマチアキラさんのイラストなのねー)

ロボジー①.jpg

ロボジー②.jpg

セル特典で監督初のアニメ有り!!と謳っていたけど、ソリマチさんのキャラデザだったら見たいな[カチンコ]
というか、ロボジー本編アニメ化希望~[かわいい]




共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。