So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

脳内ポイズンベリー【小籠包】 [映画]

また久しぶり更新になってしまった。
脳内ポイズンベリーが映画化、と聞いた時には見ようと心に決めていたが、
主演が真木よう子だったり、最終巻が出るまで時間があいたりなどで、
DVDが出たらでもいいか、などと興味もダウンしていた。
しかし、最終巻が思いの外良かったので、見る気になったのだ。

真木よう子はイチコとは真逆なイメージじゃん、と思いはしたものの
映画は原作を踏襲しながら、新たな世界観を作っていた。
『いい人だけどときめかない』越智さんはよりマッチョで人間くさかったし
こちらは原作通りの、ゆるふわアート少年早乙女も、それなりに痛い目を見たりで
恋愛ドラマとしても雰囲気に流されず、さらに深みを増していた。
(早乙女の痛い目は、監督の男目線の成敗、か?)

そして脳内パートは、舞台劇風味が面白かった。映像もデイズニー映画の如く
凝っていたし、脳内メンバーもうるさ過ぎが丁度良かった。
ハトコは明日ママのピア美だった(この時のうるささがキャスティングのキモか)が、
内容アダルトな所もあるけど、いいのかな、いいんだな。
ラスト近くの、議長西島秀俊の演説には感動してしまった。

原作の最終回も、チューリップ畑で魚を解き放つシーンが素晴らしかった。
少女漫画を読んでいて良かった、と思うのはこうした感動に出会える時だ。

イチコのオシャレな部屋も可愛らしくて、真木よう子はやはりボンデージの時のが
良いとか思う事もなかった。
しかし、早乙女役の子はピッタリだったね。可愛い系で微妙に妖艶かと思えば
そうでもなく(オイ) まさに今時の草食系男子だ。もう少し若かったら、テニミュの
リョーマ役やってそう(もうちょっと小さかったら)。






共通テーマ:映画

アニメで分かる心療内科 ☆絶賛配信中☆ [アニメ]

憧れのヒーロー、もしくは兄貴と言われたら~
ロックオン・ストラトスと即答してしまうわたくし。
いいじゃ~ないの~(腐)まあ、中の人ファンなのであるが。

そんな三木眞さん活躍中のアニメ(といいつつ、ハイキュー!!は見ていない)
アニメで分かる心療内科がニコニコ動画で見られるのだ。三木さんは療先生。
新八もビックリのツッコミがすごい。いや~テンション高い!
元々漫画もアニメの台本?的な雰囲気があったし、まさに待ってました、という
充実ぶり。でも、やはりテレビじゃ無理なのかなー
只今三話配信中。毎週金曜日の更新を見逃すな[どんっ(衝撃)]

共通テーマ:アニメ

妖怪ウォッチウキウキウォッチ [アニメ]

年明けに初めて妖怪ウォッチを最後まで見たら、ケータの声が戸松遥と知り
激しく(妖怪ウォッチ的にはもんげー)驚いた。
これまで『あの花』のあなる、サムライフラメンコのまり、『とな怪』の雫と
(これはそうでもないか)いかにも萌えアニメ声~というイメージだったからな。
それを言ったらウィスパーも千秋先輩だが、既にスネ夫もあるし。
そしてジバニャン、コマさんといい(こちらは小さいお友達向けアニメ声)私好みの
声ばかり!あっ、コマさんはしろくまカフェの笹子さん。などとギャップ萌え!?に
悶えながら視聴している。そう、妖怪ウォッチは純粋に声に萌えるアニメなのだ。
自分的に。話も大人も分かる小ネタが入るなど、親子で楽しめる作りでもある。
何かの拍子に~ズラと言ってしまった時は焦った。

惜しむらくはエンディングのニャーKBで脱力してしまう所か。
番組、AKBのファンは納得しているのだろうか。



共通テーマ:アニメ

森本梢子はなぜ面白いのか [漫画]

自分の中で絶賛森本梢子ブームである。デカワンコ以来だ。
このマン2015では6位という、高台家の人々が期待を裏切らない面白さで
前から気になっていたアシガールにも手を伸ばし、早く続きが読みたい~いやガマン、
という一人買い惜しみプレイを繰り広げるまでに(すぐ読むと勿体ないから)。

高台家もアシガールも、とにかくヒーローがかっこいい。
ヒロインはタイプ違うけど、どちらも少女漫画の要である胸キュンをガッチリ
押さえている。
高台家の方が書店プッシュが多いけど、好みでいえばアシガールだ。
若君に一生懸命な唯に、読んでいて元気になる。
高台家の木絵の妄想も爆笑ほっこりできるが、登場キャラがきめ細かくインパクトがあり、
嫌な人物が今の所(2巻)出てきてないのも良い感じ。
今は早くアシガール若君の現代編が早く読みたい~
恋模様だけでなく、戦国時代の合戦や生活の描写も丁寧で、中高生の時にこのマンガが
あったらなとつくづく思う。
しかし、ごくせん初期と比較すると、素晴らしく絵が上達してる(何様


高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)

高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 森本 梢子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: コミック





アシガール 4 (マーガレットコミックス)

アシガール 4 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 森本 梢子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: コミック




共通テーマ:コミック

海月姫 ~蔵子がヒロイン?!~ [映画]

なかなか見に行けなかったけど、終了間際でやっと見てきた。
やっぱり能年ちゃんきゃわわ~

って、ダサモサの月海が普通以上に可愛いので、ビフォーアフターが今一だなぁ。
蔵之介はキャスト発表時の菅田君が、丁度『主に泣いてます。』のこももみたいな
ルックスだったので、大丈夫かーと危惧していたが、想像を越える完全無欠の女装子で
いやびっくり。メイクさんGJなのか。菅田君のなりきり蔵子、華やかで良かったわ~

尼~ずも原作にキャラを寄せてて頑張ってたけど(まややはアニメ見たのかな)
漫画のノリを実写にするのは難しいのか、と思う場面も…(特にアキコギャグは)
蔵之介が月海を意識する辺りとか、無理やり感あったし。
漫画ダイジェストの運命なのか!?
ショーの蔵子はめっちゃキラキラしてて、こっちがヒロインか?と惑うことしきり。
ラストのクラゲドレスの時なんて、きゃりーぱみゅぱみゅに見えたわ。

シュウシュウのハセヒロも良かったけど、ドラマのデートを見てるからか、
あれ、ニートじゃなかったか、と混乱したり、もこみちも花森さんハマってたけど
変態性がなくなっててちとガッカリ。
など、文句をつけつつも楽しめたので、レンタル出たらまた見よう。




共通テーマ:映画

ちーちゃんはちょっと足りない [漫画]

このマンガがすごい!オンナ編1位というので読んでみた。
絵柄に反して、想像以上に精神的に来た(心身弱っている時に読んではいけない)。

中二の少女達の日常、である。
主人公はちーちゃんよりナツのような気がするのは、ついぞ感情移入して
しまうからなのか。
ナツの凄まじい劣等感は、言いようのない閉塞感と共にやりきれなくなる。
ちーちゃんの起こした事件をきっかけに、周りの人々は変わっていくけれど、
ナツだけが変わらないまま、日常が続いていく。

心のひだのヒリヒリする部分を、さりげなく描き出す作者の力量に驚かされる。
それでも読後感はそんなに悪くないのは、心のデトックス効果なのか。
なるべく気分体調、万全な時に読むのがオススメ。



ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)

ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)

  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2014/05/08
  • メディア: Kindle版




共通テーマ:コミック

ユリ熊嵐 ~百合にむせかえる [アニメ]

幾原監督三年ぶりの新作アニメ、ようやく始まった。
見る前に『熊嵐』をwikiで調べたり期待感MAXであった。
そして感想

ファンシー熊百合ポルノ風味アニメ… ううむ。
百合はいいとして[たらーっ(汗)]熊の造形が小熊だからか、凄惨さは感じない。
宇宙からの侵略者?が人を喰らうとか、寄生獣を思い出したわ(自分内トレンド)。
キャラクターがファンシーなので見やすいし、女の子ばかりでなくジャッジメンズなど
キラキラな男性も出るけど、メインは女子高生と熊、だものなー。
イクニ作品らしく、色々と暗喩も多そうだけど。
それと女の子のおヌードも多くて、規制にかからなければ良いがの。


前作ピンドラは無償の愛と宮沢賢治のモチーフが、タブーとされる事件も凌駕する
感動作として心に残ったし、ペンギンもマスコット以上に役割を果たしていた。
果たして今回の熊たち、ガウガウー!は浸透するか。





トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2014アニメまとめ [アニメ]

新年あけてしまった… A Happy New Year!!

去年見たアニメで自分内ベスト5を考えてみた。

1. スペース☆ダンディ
2. 信長協奏曲
3. ばらかもん
4. 進撃の巨人
5. 蟲師
6. オオカミ少女と黒王子

結局ベスト6に[たらーっ(汗)]
凄く好きなものと、それほど入れ込まなかったものに分かれた感じ。
チェックする数も少なくなったしな~
スペース☆ダンディは途中から見たので(しかも二期)、激しく後悔。
完成度高い+毎回(好みが分かれるけど)演出も凝っているし、何回も見たくなる。

信長はストーリーもユニークだけど、アニメはとにかく絵がきれいだった。
マモ始め、声優も好きな人が多くて良かった。

ばらかもんのスローライフと方言に萌えた。
なるの「まんだかなー」に癒されたわ~(原作で好きなシーンなので、
アニメに出てきたかはウロ)

進撃は初めて見たけど、意外とスンナリ話に入れた。
デスノートっぽい雰囲気と思ったら、同じ監督だったのね。
サシャとか笑えるシーンでの、止め絵風演出がオモロかった。

蟲師は唯一無二の世界観に尽きる。前期、対談が多かったのは放映に
間に合わなかったからのようだけど、ファンサービスと思えば。
前期の方が好きな話が多いな。
(タブレットは虫の字が出ないよ。携帯で一度直したのだ)

オオカミ少女は別マらしい話と、恭也の俺様ぶりが楽しめた。
さんちゃんは茅のんらしさが封じられてて、何だかな~という印象が。

時間が被って、断念した作品も(ジョジョとかFree!とか)。
寄生獣は平野綾ミギーがハマってて良かったけど、OP曲が酷いのでランク外。
冬期はジョジョとデュラララ!!をチェック予定。
あっ、ユリ熊嵐は一番期待だ[ぴかぴか(新しい)]

《追記》サムライフラメンコの前半は面白かったのに、後半の風呂敷広げ過ぎと
最終回のカオスでガッカリに。ノイタミナが遠くになっていく…
さらに追記☆ 暗殺教室も期待大! なぜか殺人教室と言ってしまう(米ホラー映画的な)


スペース☆ダンディ 10 [Blu-ray]


共通テーマ:アニメ

OH!掃除 [読書]

年末の大掃除に向けて、モチベーションアップの為、ゆるりまいさんの
わたしのうちにはなんにもない を読んだ(形から入るタイプ)。
色々、プチ衝撃を受けた。

まるでモデルハウスのような、引っ越ししたてのような部屋もさることながら、
ゆるりまいさんの捨てに対する潔さに驚いた。
卒業アルバムも捨てた、とは[がく~(落胆した顔)]
しかしよく考えれば、思い出だの愛着だのに縛られて、見もしないのに手放せないで
放置しているものの何と多い事か。
いっぺん、部屋のものを全部なくしてみるテストをするか。
保留ボックスはいいアイデアだけど、そのまま忘れ去るに千点。
しかし、ゆるりさんのように毎日洗濯、そうじは無理なので(早起きすりゃいいんだが)
持ち物を三割減らす所からやってみようかね。


わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

  • 作者: ゆるりまい
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2013/02/28
  • メディア: 単行本



上條淳士先生の思ひ出 [イベント]

先月、吉祥寺のリベストギャラリー 創へ上條淳士個展を見に行った。
完売とされていたGASP-Tと、あわよくば先生ご本人にお目にかかれるのでは、
と淡い期待をして。

To-yといえば、85年から週刊少年サンデーに連載されていた、スタイリッシュで
小粋なrock storyである(何だそれ)。当初は知らなかったが、友人から教えて貰って
コミックスを読んで一気にハマった。
ストーリーは勿論、繊細でオシャレなタッチなのに、ちょっとしたギャグがまたツボって、
暫くはバイブルと化した。

個展ではTo-y、その後の作品、最近のキャラデザであるスペース☆ダンディの
ジョニーや、残響のテロルのナイン、ツエルブ達まで。
ジョニーは映画ジギー・スターダストのDAVID BOWIEに似ている、と思っていたが
本当に隣にボウィのイラストも添えてあり、やっぱり~とほくそ笑んだ。
(後に最初のキャラデザが例のボウィと判明。)
上條画のダンディ、コメディタッチなのも笑えた。
そして感動のTo-yキャラクターとの再会に胸が一杯。ホントに、ほとんど修正のない
美しい一枚絵。ああ、来て良かった…
そして画廊内の絵は、先生のご好意により撮影OK(ガラカメなので、気が引けて
3枚ほど撮る。)

そこへ先生登場。会場は一気に色めき立った。ボーッとして、見るだけのつもりで
来たのに、気が付けばサインの列に並んでいた。
先生はスタジャンにジーンズ、赤いブーツがオシャレなカッコイイロックおじさん、
いやお兄さんという風貌(称賛の表現)。
チャボと並んで、同じバンドメンバーと言われても違和感ない。

先生は気さくにサインに応じ、ファンと話したり写真を撮るなど、和やかなご様子。
すっかり忘れていたが、この日は風邪気味で、えらく適当な服で来てしまった。
ここはオサレピープルの街、吉祥寺だというに。そしてマスクも。
ついに自分のターン。緊張でガクブルしながら、To-yの頃からのファンですっ、
と告げた。
それまで和やかに談笑していた先生は、急に笑顔が消えテンションが下がったご様子。
To-yとか言うから年齢不詳&不審者オーラ[exclamation&question]
それともマスクなんかしてたから、カイエみたいに懐からナイフでも出すかと
思われたかしら。
(カイエとは、To-yに出てくるペニシリン・ショックのヴォーカリスト)

それでも先生は風邪ですか?とか遠くからわざわざ、など、大変気を遣って
下さった。うう、優しい~~
しかしよく考えたら、To-y以降の作品はちゃんと読んでいなかった。
(これだけ熱烈アピールしてひでぇ。先生、すみません。)
依然、緊張ほぐれず終了~(握手して下さった[揺れるハート]
やっぱり行って良かった。家で改めてサインを見たら、私の名前は呼び捨て?で書いてあり、
(サインというと、~さんへというのが普通かと)それもまた、ロックで良かった。
自分の中での神?!は現役ロッカーだった[カラオケ]




前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。