So-net無料ブログ作成
検索選択

森本梢子はなぜ面白いのか [漫画]

自分の中で絶賛森本梢子ブームである。デカワンコ以来だ。
このマン2015では6位という、高台家の人々が期待を裏切らない面白さで
前から気になっていたアシガールにも手を伸ばし、早く続きが読みたい~いやガマン、
という一人買い惜しみプレイを繰り広げるまでに(すぐ読むと勿体ないから)。

高台家もアシガールも、とにかくヒーローがかっこいい。
ヒロインはタイプ違うけど、どちらも少女漫画の要である胸キュンをガッチリ
押さえている。
高台家の方が書店プッシュが多いけど、好みでいえばアシガールだ。
若君に一生懸命な唯に、読んでいて元気になる。
高台家の木絵の妄想も爆笑ほっこりできるが、登場キャラがきめ細かくインパクトがあり、
嫌な人物が今の所(2巻)出てきてないのも良い感じ。
今は早くアシガール若君の現代編が早く読みたい~
恋模様だけでなく、戦国時代の合戦や生活の描写も丁寧で、中高生の時にこのマンガが
あったらなとつくづく思う。
しかし、ごくせん初期と比較すると、素晴らしく絵が上達してる(何様


高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)

高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 森本 梢子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: コミック





アシガール 4 (マーガレットコミックス)

アシガール 4 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 森本 梢子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: コミック




共通テーマ:コミック

ちーちゃんはちょっと足りない [漫画]

このマンガがすごい!オンナ編1位というので読んでみた。
絵柄に反して、想像以上に精神的に来た(心身弱っている時に読んではいけない)。

中二の少女達の日常、である。
主人公はちーちゃんよりナツのような気がするのは、ついぞ感情移入して
しまうからなのか。
ナツの凄まじい劣等感は、言いようのない閉塞感と共にやりきれなくなる。
ちーちゃんの起こした事件をきっかけに、周りの人々は変わっていくけれど、
ナツだけが変わらないまま、日常が続いていく。

心のひだのヒリヒリする部分を、さりげなく描き出す作者の力量に驚かされる。
それでも読後感はそんなに悪くないのは、心のデトックス効果なのか。
なるべく気分体調、万全な時に読むのがオススメ。



ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)

ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)

  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2014/05/08
  • メディア: Kindle版




共通テーマ:コミック

きょうは会社休みます。妄想キャスティング [漫画]

そんなわけで最新6巻まで読んでみた。がっ、やっぱり全てが
上手く行きすぎてる。偶然の多発はおいとくにしても、彼氏田之倉が
完璧すぎる。そして朝尾は報われず今日も一人酒か。
やっぱりこれは結婚までのシュミレーション・ストーリーなのか。
主人公の年代にしちゃ、エロスも控え目だし。
とにかく、感情移入出来るキャラがいないな(バッサリ)

もう決定しているだろうけど、花笑以外のドラマキャスティングを考えてみた。
田之倉はタヌキ顔イケメン(雰囲気でも可)なので、若い頃の斎藤工かな。
今だと、うーん。山田涼介位しかうかばない。タヌキっぽくないけど。
金田一で高校生だから無理か。

朝尾は対してキツネ顔、て事で綾野剛か。まだちょっと若いな。
会社の後輩、瞳は誰でも違和感ないね。
課長はここで敢えての藤木直人。部長から降格か。
あと、田野倉父はなぜか小松政夫が浮かんだ。父というより祖父かな。
ドラマ版では一波乱あることを期待[いい気分(温泉)]


追記:山田涼介は映画・暗殺教室で渚役になった。漫画のイメージに合ってるし
中学生でもバッチリだ。って、大学院生は無理か…
コメント(0) 

乙女ゲーとしての『きょうは会社休みます。』 [漫画]

綾瀬はるか主演のドラマになるというので、ようやっと読んでみた。[猫]
まずりんの独身OLのすべてが好きな私としては、こういうアラサー女子[バッド(下向き矢印)]
ファンタジー物は何か痛くて手にとらなかったのだ(喪体質だから)

しかし、読んでみたら意外とサクサク読めて面白い。まだ4巻までだけど。
画面もきれいで主人公33才設定も忘れてしまう、大学院生とのお似合い感。
付き合い出して最初の頃に、彼の学友達に彼女?と言わせたのも
無理のないビジュアルをアピールしたのか(その後色々あるけど)
そして主人公に惚れる仕事出来る男
こんなんありか~、とツッコミたくなるがそこはスルーで
物語世界を楽しむのが一番なんだろうな。
これで韓流ドラマみたいに劇的展開になったら、読者層も変わりそうだし。
しかし、院生なのにお金も稼げる、当て馬の彼もお金持ち、とゲスに
リアルな面でも無問題っぽいし、何よりごく普通のOLがイケメンに愛され
続ける、しかも同時に。
こ、これはいわゆる乙女ゲーの世界なのでは。やった事ないけど。
(そういえば、わたモテのもこっちが一生懸命やってたアレか。)

そう思えばこのラブオンリーユー世界も納得できる…かも。
作者がそこまで考えてたかは分からないけど。
とりあえずドラマのキャスティングは気になる。


きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 藤村 真理
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: コミック



独身OLのすべて(1) (KCデラックス モーニング)

独身OLのすべて(1) (KCデラックス モーニング)

  • 作者: まずりん
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: コミック



コメント(0) 
共通テーマ:コミック

おとりよせで人生を豊かに [漫画]


おとりよせ王子 飯田好実 3 (ゼノンコミックス)

おとりよせ王子 飯田好実 3 (ゼノンコミックス)




何だかステマのかほりがする?タイトルだが... 否、まぢでお取り寄せの素晴らしさに
開眼した昨今である。
それまでお取り寄せといえば、ニ○レイのハンバーグセット位しか頼んだ記憶がないが
(送料が勿体無い・品物が何だかんだで高い、などで)偶然読んだ、この「おとりよせ王子」で
完全に影響を受けてしまった。だって、どれもこれも美味しそうなんだからっ[ハートたち(複数ハート)]

基本、主人公飯田好実の『ぼっち飯』が繰り広げられているが、調理の手際もいいし、自分なりの
アレンジ(オレ☆オリ)も気が利いていて、実にお役立ち度も高い。ストーリーもこの手のグルメマンガに
ありがちな『料理のオマケ』感がまるでなく、飯田好実のちょいトホホな私生活が実にリアルで
思わず井の頭公園に行きそうになる(弁当は持っていけないっ[わーい(嬉しい顔)]
追記* 孤独のグルメは別!! 祝・第Ⅲシーズン[ぴかぴか(新しい)]あと、深夜食堂と信長のシェフも...

個人的には2巻のロックフェス編が好きだな~~。新橋玉木屋のふりかけ、買いに行きたい[揺れるハート]
(おとりよせじゃないのか)

というわけで、1巻の『いちご煮』セットを早速頼んでみた私である。
好実と同様、炊き込みご飯にしてみたら、やはり美味しかった!(ウニがほろほろに砕けてちょっと
お得感が減ってしまったが)
丁度今、TVKでドラマも放映中なので、そちらも合わせて楽しめる[手(チョキ)]

主人公の「うんま~~い」という至福の表情が花のズボラ飯の花とカブるけども、食事内容は
お値段の分、おとりよせ勝ち。あと、独身男性なのにお部屋もキレイだし、好実の方がマメか。
牡蠣好きの私としては、オイル&オイスターも給料日後におとりよせしたい[ぴかぴか(新しい)]

明日20日は満を持して?3巻発売~[グッド(上向き矢印)]




共通テーマ:コミック

flowers 4月号 *一言感想* [漫画]

昨夜は信長のシェフの最終回が、WBC延長で来週に持ち越しになってしまった[バッド(下向き矢印)]
続きが気になる~(顕如のエロエロ坊主キャラは、ミッチー信長をも陵駕するわあ)

flowers4月号は満を持して?の失恋ショコラティエが表紙で、思わせぶりな2ショットが
心ニクイ演出。何かもう、安いチョコでは満足出来なくなってきた[たらーっ(汗)]

とりかえ・ばや  どうしたらよいやら、の先が気になるのよおお。石蕗は略奪してビックリ!な展開か。

失恋ショコラティエ  薫子の怒り心頭で大忙し...ああ、わかるけど[たらーっ(汗)] しかし今月は
             サエコの「あたしのこと一番に好きになってもらおうって」のセリフが
             一番響いたわ~(モテ人生を歩んできた者にしか出てこない!)

月影ベイベ  光の初デートが[わーい(嬉しい顔)] この顔を隠すような傘のかぶり方、着物だといいけど
         ジャージだと異星人風でとってもシュール。しかしここの高校生って70年代っぽい
         イメージだわ。雰囲気に合ってるけど、地方都市だとこんな感じ?おわら習いたい[グッド(上向き矢印)]

アシさん  長島さんのロリータ部屋がおステキ。プロアシという選択肢はないのかな。
       デジタル化も一般化してるようだし、漫画の世界も敷居が高くなってきたのね。

姉の結婚  真夜中のラブホのボーイズならぬおっさんトークが、とてつもなくトホホだ。
        しかし、西さんは真木嫁とかのエグイキャラをマイルドに表現するセンスが
        卓越している。天野の辞書にプライスレスが載る日は来るのか?

さよならソルシエ  兄にいいとこもってかれたか。

町でうわさの天狗の子  康徳様にいいとこもってかれた?!

夢の真昼  糟糠の妻に手を挙げるじいさんは、もっと痛い目にあっても止む無し。

しろくまカフェ  半田さんと笹子さんの『その後』が気になっていたが... 進展はあるのかモヤモヤ[揺れるハート]

薄幸日和  唐揚げおばさんが恐ろしくて夢に見そう~[がく~(落胆した顔)]

さんすくみ  孝仁のターン[わーい(嬉しい顔)] ようやく春が来るか。孝仁母の張り切りぶりがかわうい。
        桐野さんは海洋調査員で、また船に乗って長期戻らずで孝仁涙?(予想)

エンジェルトランペット  GAHはやっぱり恐怖の秘密結社だった[がく~(落胆した顔)]
               引きこもり少年やハルや沖田のおじさんなど、メンズが常に助けてくれそう。

とりあえず地球がほろびる前に  トンデモルールが変過ぎて脱力。

王様の耳  欲張ってはいけない[爆弾]


* 登場人物に神谷姓が3人いる!(風光る・天狗の子・とり地)
 先月のモンスター占いは当たった(主に悪いほうで)ので、今月も注意だ[むかっ(怒り)]





月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 04月号 [雑誌]

月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/02/28
  • メディア: 雑誌



共通テーマ:コミック

flowers 3月号 一言感想 [漫画]

今月はバレンタイン月なのに、失恋ショコラティエが載っていないので物足りないなぁ[ダッシュ(走り出すさま)]
またも書けそうな感想だけ、行ってみよう[ー(長音記号2)]

海街diary... 『きれいなものの力ってすごい』いい言葉だわ~[ぴかぴか(新しい)]加賀友禅、ほんまもん見たいわあ。
        看護師と銀行員のいる香田姉妹は結構すごい。チカはすずがなでしこ入り?した時の
        サポートか。

しろくまカフェ... ヤマアラシ界も世界が分かれていたとは[exclamation]
          ところでアニメの今月のEDは、リアル・リンリン。いい出来だ[音楽]

とりかえ・ばや... こっ...これが四の姫[exclamation&question]の沙羅双樹の焦り顔に[わーい(嬉しい顔)] 同衾まで引っぱるな~
           しかし毎号掲載でこの作画クォリティってすごいわあ。

町でうわさの天狗の子... 鬼退治、佳境~。コミックスでまとめ読みの方が、迫力出るかなあ。
                
月影ベイベ... 女子高生に頬染める伯父さん...。って、両想いかああ[あせあせ(飛び散る汗)] 
         いまだ謎が謎を呼んでいるけど、光はおわら5の練習に専念すればいいと思うの。

アシさん... 今月はリアルにお役立ちしそうだけど、睦は最初からBL誌に持ち込んだ方が
        手ごたえが良かったのでは?!

蛇蝎... ショッキング展開が矢継ぎ早で、もう。梅治は意外に不死身だけど、流香どうなる[exclamation&question]
     
姉の結婚... 川原氏はやっぱり女上司とくっついたかー。身近な人の所にヨロリンとなるのね[ふらふら]
        女装作家はヨリとのミスリード狙ってる?

とりあえず地球が滅びる前に... 寅子復帰出来て良かったけど、犬太カワイソウ過ぎ[もうやだ~(悲しい顔)]

さんすくみ... いつものトリオ以外のキャラは新鮮[わーい(嬉しい顔)] しかし、藤原君は何だかバブルの香りが...
        合コンに工の趣味映画のタイトルはマズイぜよ。舞妓さんは華やか~[かわいい]

エンジェルトランペット... GAHって秘密結社みたいだったけど、Green Angel Homeの略
               だったのね。
               特殊能力とか、Death Noteのワイミーズ・ハウスを思い出すな~。
               話が急にツメツメになってきたような。

月井戸の石... かえるいい奴。

準備中... 聞き分けのいい子供で、実は寂しいワタシ...って、普遍的なテーマなんだが、
       ツブラは無駄にグレたり、裏社会(?!)に暗躍したりしないのか(深読みし過ぎ)。
       高校生世代にはグッとくるのかな。枯れ枯れなのでよく分からず[もうやだ~(悲しい顔)]

薄幸日和... イタリアン焼きそば美味そう[exclamation×2]

レディ シノワズリ... あっさり終わってしまった。骨董品ウンチク、もっと作中で語っても良かったかも~

全体に可もなく、不可もなくという印象だった。読者を翻弄する「ショコラティエ」がないと、どうも
パンチが効いていないというか、コショウのかかってないラーメンのような(この例えはどうか)。



月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 03月号 [雑誌]

月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/01/28
  • メディア: 雑誌




共通テーマ:コミック

flowers2月号 *感想* [漫画]

非常に今更感があるけど、2月号の感想~[猫]
今月は読みきりナシ、ちょっとコンパクトな感じ。(風光ると7SEEDSは除く)


失恋ショコラティエ... ついにサエコマジック行使(!?)ああ~、薫子とハチ合わせるの?
             そしてえれな...[たらーっ(汗)]何だかんだで翻弄されるソータ、どうすんだ[がく~(落胆した顔)]

月影ベイベ... 伯父さんと女子高生で、時をかける少女なお話かと一瞬思ったら、違った。
         所で前に、ドラマの愛の流刑地の再放送を見てたらおわらが出てきてちょっと驚き。
         小玉先生はご存知なのであろうか(超ドロドロ&エロエロ)。

しろくまカフェ... カナダヤマアラシくんは大野・相葉君。タテガミヤマアラシくんは松潤と見なした。
          キングペンギンさんの「釣って」にバカうけ~[グッド(上向き矢印)]

エンジェルトランペット... 回想回は前の話を忘れた頃に出てくるのね。まりも母逞しい。
               最後、まりもが凛をとりあげたみたいだな。

アシさん... むさりゅ同人誌に狂喜する山猫先生に萌える[わーい(嬉しい顔)]
       睦よりサブキャラが素晴らし過ぎる。オチも最高[exclamation×2]

とりかえ・ばや... ええー、同性婚ってアリなの[exclamation&question]ちょ、母ちゃん呑気過ぎ!

姉の結婚... 女子大生、早々に玉砕?んでもキープ君(古い)がいる内は、本当の恋じゃないもんな。
        ところで、この女子大生が昔の稲森いずみの役(ロンバケとか)みたいだなー。
        もし実写化したらヨリは深津絵里かなー。真木はやっぱり福山雅治かな、と色々妄想。
        
天狗の子... ウララが髪切った秋姫に見えてしまうー。実質主役?福山様もついにお姿を...[揺れるハート]

準備中。... おお、今月は読みやすい!(何か基準がそこに...)もしかしたら日生以外が主役回は
        良いのかも?というか帝は女なのかと思っていたが...(『家政夫』じゃダメなの?)

薄幸日和... 遊女の悲しい歴史に涙[もうやだ~(悲しい顔)]儚さは美しさ。

さんすくみ... アシさんを読んだ後だと、孝仁と恭太郎はホ○カップルではないかと疑われなかった
         だろうかと。ハートチョコ、1度で指輪が出てきて良かった[かわいい]

さよならソルシエ... 同じこと言ってもテオの方がスカしてるせいか、ストレートに伝わらなかったな。
             今更だけど、兄メインの方が面白くなるんでは。
             穂積さんの『式の前日』は評判に違わず良かったけどなー。
             (再読に堪えうる充実度)その他の作品で、これを越えるのが未だ見当たらない
             のが惜しいことよ。

雲のたまご... 極彩色の鳥とか、絵本で読みたい感じ[本]ほのぼの~

宇宙屋台へおいでませ... 窓辺の3人娘に、匿名探偵を思い出した不埒な私。最終回は惜しい。 

《追記》 この前の王様のブランチで、式の前日が紹介されていたけど、さりげなくネタバレしてた☆
     しかもflowers担当自ら。いいのか?[ふらふら]      



         

共通テーマ:コミック

となりの怪物くん考察 (優山&春) [漫画]

ようやく10巻に追いついた。アニメだけ視聴している方が万一この記事をご覧になった場合
ネタバレするかもなので、ご留意されたし。

8,9巻あたりはゆるゆると雫とハルの関係が描かれていたが(というか、1巻から好きだ!と言いつつ
付き合うまで8巻も要したのか!)10巻は優山との関係にシフト。ドロドロしそうでふわっとかわす、
巧みな構成だと思う。
が、(前の記事で超絶賛してしもうたが)読んでいくうちに『海月姫』との類似性が、どーしても...
・父親が政治家
・華麗なる一族(実家金持ち)
・兄がオクテ
・弟に非凡な才能
・運転手に若干の変態性(女好き)

無理やり感もあるけど、海月姫も愛読しているので、ついぞ思い浮かんでしまうのだ。
ハルは推測するに、アインシュタイン型のアスペルガー天才児(気質は後天的なモノかも知れない)
と見受けられるが、そこに兄との確執が関係している様なので、ストーリーとしては全く別物である。
やっぱり恋愛&友情メインの方向で宜しく頼みたい(何が)。

しかし、ハルが順当に漁船乗組員になって、長期間離れ離れになった場合、
雫はヤマケンにちょっかい出されたら、何のかんの言いつつヨロメくと思う[ー(長音記号2)]
そして隆也は高校生になったら、大学生大島さんと付き合いそう(想定の範囲内?)
夏目ちゃんは卒業後、みっちゃんに再アタックして落ち着く予感(希望か?)

そういや、ササヤンの中の人はつり球のユキだった。真逆のキャラだな~[グッド(上向き矢印)]



本誌読んでないので、あくまで予想

共通テーマ:コミック

キュン死!!夏目ちゃん《となりの怪物くん》 [漫画]

この間からとなりの怪物くんにハマっている。
アニメは3話から見始めたのだけど、補填のために原作を順番待ちして[あせあせ(飛び散る汗)]ようやく読んだのだ。
が、何、この面白さ?!今まだ6巻だけど次々読みたくなって、手が止まらないのである。
ハルの超ナチュラルさとか、雫とのどうするどうなる?という距離感や、
友達いない/友達ほしい夏目ちゃんなど、群像劇としての各キャラの掘り下げとか実に深い。
そしてゆったりしているようで、不思議なスピード感がある。
(そういえば夏目ちゃんは『かってに改蔵』の羽美ちゃんみたいだ[わーい(嬉しい顔)]痛い所はものすご共感!!)
ついでにササヤンは、空気の読めるおお振り田島みたいだ(ヒドイ)。
雫は水谷だし、弟は隆也だしで、作者はおお振り好き?!
全部のコマにも神経が行き届いていて、本当にサービス精神が旺盛な人なんだろうな~と思う。
こんなに完璧だと、逆にキッチリし過ぎ?!と穿った見方もしてしまうが...[たらーっ(汗)]
キャラについては、雫みたいなクール系から、様々なタイプが登場するが(父ちゃんとか...)
全ての人物がかゆい所に手が届くように、キメ細やかに描かれている。
(雫の勉学優先の潔さは、あまりに毅然としていて見習いたい所だ。)
サイダーの泡のような、しゅわしゅわとした青春の煌めきを今再び味わえる佳作。
自分の中では、21世紀のくらもちふさこと呼びたい(又はいくえみ綾でも)。
個人的には夏目ちゃん・みっちゃんの行く末が気になるので、タイトル[かわいい]

アニメの方にもようやく追いついたが、今回はお楽しみの学園祭で、夏目ちゃんのちょっとオモロイ
捨て台詞、おたんこナースがカットだったのは、残念でならない。
原作を読むまで何となく流し見してしまったが(不覚)、大島さんのキXタマ発言はカットでなかったっけ
(そこかよ!!)
しかし、アニメ化で原作も知る事が出来たので、まさにアニメGJ[手(チョキ)]
それにしても、サークルやクラス仲間でつるんでるわけでもないのに、雪山の別荘に行ったり
かなりのリア充集団だなぁ[ぴかぴか(新しい)]

名古屋.jpg
タピオカの次は名古屋で鳥萌え

*追記・25日*
この後、7巻を読んだら夏目ちゃん・大島さんは決着がついてた(?!)じゃないのーっ[ふらふら]
新キャラ安藤さんに期待(海月姫でいうところの花森さんかえ)




共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。