So-net無料ブログ作成
検索選択
しろくまカフェ  ブログトップ

しろくまカフェ 22 ペンギンさんのピクニック他 [しろくまカフェ ]

当ブログ記事の50番目は久々にしろくまカフェ。というのも、最初の記事もしろくまカフェだったわけで...
(特にキリ番ごとにしようとしたわけじゃないす。)
ついでに:つり球ツアーの写真、追加しました。

しろくまカフェは豪華な声優さんとリアルタッチ動物のまったり加減を楽しむアニメであって、
特にレビューしなくても...なーんて[わーい(嬉しい顔)](カテゴリーまで作ったのに)
でも今回はペンギンさん回。ペンギン好き(生物学的に)にはウハウハである(私とか)。
それに、色々な種類のペンギンも覚えられるし、小学生諸君の夏休みの自由研究にも一石二鳥[手(チョキ)]
思いきや、既に8月末(間に合うか?!)

前半の【営業ペンギン】ペンギンカードはコミックスにも綴込み付録になっていたし、ペンギンさん達も
週刊しろくまとか雑誌の付録につければ良いんでは~[本](そういうのがあれば)
でも、ヒナ達の電車ごっこの萌え加減が全てであろう。『がたんごと~ん』で癒されよう[電車]
それにしてもペンギンさん、ツッコミ入れてる割にパンダ君の命令聞くんだ!?

後半はペンギンさん。まだペン子さんズと折り合い(決着?)ついていなかったらしい。
ハーレムデートも、全ての顔と名前が一致して初めて成立、ってのもハードル高い。
苦肉の策のリボンも勝手にシャッフルされるわで、ペンギンさん涙目。
ペンギンさんが顔と名前を一致させるまで、この話引っぱりそう[グッド(上向き矢印)]

エンディングのパンダ君達の毒舌寸劇がなくなり、江ノ島電鉄で行く途中下車の旅になってた[リゾート]
夏休み企画?いつものやつも、なければないで物足りないのだよね。




共通テーマ:アニメ

しろくまカフェ ⑮ ペンギンさん活躍 [しろくまカフェ ]

久しぶりにしろくまカフェレビューをしようと試みるも、またPCフリーズに見舞われて
3行で1時間も要する有様だったのでギブアップ。
(何せカテゴリーを作ると放置する法則[どんっ(衝撃)]
そんなこんなでこの1週間、上野パンダの赤さんニュースでは喜びと悲しみに
人心が翻弄されている中、パンダ君関連はしばし自重しようと思っていたが、
今週は珍しくペンギンさん回。ペンギンさんと言えば、カフェで皆にツッコミ入れたり
ペン子さん話を延々垂れる他は、今の所身上については謎が多い。

①真夏の雑草取り
カフェの庭の雑草が伸び放題になり、ラマさんに食べてもらったり、常連客に働かせるも
あまり仕事が進まないので、シロクマくんの盟友、グリズリーさんに刈って貰ってスッキリ。
しかし数日後、真夏の雑草ゆえにまた、元通りになってしまったお話。

・見どころ ペンギンさん、意外に働き者(ツッコミ役の気質?)。雑草が伸び放題になって
パンダくんが20分も迷うなど、しろくまカフェどんだけ広いんだ。
グリズリーさん、暴力的で丁寧なお仕事。真夏のバーベキュー楽しそう。
久々にパンダ君、掃除機で吸われる(ペンギンさんに)。

②ペンギンさんのロマンス
ペンギンさん、意を決してペン子さんをデートに誘う。毎日ペン子さんに手紙を渡す事1週間。
デート当日、現れたペン子さんは7人いた!というのも、パン屋では日替わりで別々の
女の子ペンギンが働いていた。ペンギンさん窮地に。

これはペンギンがどれも同じに見えてしまう...という、実写的キャラデザを生かしたオチ、
などと解説するのも無粋だが、そもそもペン子さんという呼称もペンギンさんが勝手に
呼んでただけで、憧れるだけであまりデートの先は考えてなさそう。
しかし、干し魚と花の花束は、花も団子もという乙女心に則った良きアイデア[かわいい]

ペンギンさんの謎といえば、普段カフェに来る以外は何してるの?だが(動物園では
働いてなさそう)、ここは金持ちボンボン説、大家さん、売れない作家、投資家、etc.
(ご隠居さんって年でもないな。)
動物によっても働いていたり、そうでないのもいるので、国から何か保障されてるかも
しれない(WWFとは関係なさそう)。

しかし電話一本で来て、あっちゅう間に仕事を片付けて、ワイルドに鮭を食らうグリズリーさん、
いい奴だ~。そしてペンギンさん、最後は追われつつもモテ期みたいになってて
次からペン子さんネタはどうなるのだろう。

ED曲が常勤パンダさんになった[カラオケ]カントリー風のナイスな曲だが、グリズリーさんの時と同様、
みんなの歌の『動物園へ行こう』と、出だしが似ているのも偶然の一致か。



夏はしろくま

共通テーマ:アニメ

しろくまカフェ ⑫  [しろくまカフェ ]

梅雨と台風の間でゆれる体調[台風]
昨日の午前は暑くて仕方なかったのに、今日は冬のカーデガンを着込んでいる始末で
頭痛もするし、本当、梅雨って嫌だわ。

今週のしろくまカフェも梅雨ネタで至極タイムリー。メインはパンダくんなので
まったり感も更にアップだった。
前半はパンダくんのヒマつぶし。普段はしろくまカフェでヒマつぶしをしてるので
動物園でもカフェもどきをしつらえる...って、カフェの仕込みで十分ヒマをつぶせたようだ。
この、動物園でパンダを演じるのがお仕事というのは
久保キリコのバケツでごはんを思い起こすが(でもずい分前のアニメだなあ~)
パンダくんは何事にも悪びれていない傍若無人さが、何物にも変えがたい魅力だと思う。
(もふもふしているものは、大抵の事は許せてしまう心理[ふらふら]
常勤パンダさんをバツ2扱いするなど、おいおい、とツッコミを入れさせるお約束が
安定の安心感(?)。それを言ったら、しろくまさんのダジャレもお約束芸か。
漫画だとちょっとウザイな~と思えたものも、アニメでは面白さに変わるのだ。)

後半はまたもやパンダくんに翻弄される半田さん。
パンダくんに付き合うのはすごく辛抱が要りそうなのに、半田さんは動物達が恋人などと
言ってしまう漢なので、パンダくんのSっ気も喜びなのか。
後半の笹子さんのやさしさ[揺れるハート]で、フラグの予感が?!
しかしラマさん、声が男前過ぎるわあ。



天気回復なるか
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

今週のしろくまカフェ ⑪ [しろくまカフェ ]

今週はペンギンさんの失恋/パンダくんの夜遊び の二本。
いつものゆるさが戻ってきて良かった。
さらに細分化すると、脱力(ペンギンさんの失恋)、ほっこり(リンリン感激!パンダくんちなど)
ほのぼのetc...、色々とその内容も多岐に渡る。
先週はいけなかった。
半田さんが合コンに行く話だったが、ペンギンさんがハブられたという印象ばかりが残り、
しろくまカフェにあるまじき後味の悪さ(?)であった。
(ペンギンさんはいじられキャラには違いないのだが。)
この回の脚本はシリーズ構成も手がける細川徹氏だったが、本業の舞台演出などの
手腕を発揮しようとしたのかどうか(深読み)。

そして今週のペンギンさん。カメじゃなくてカメラ~というオチは、脱力以外の
何物でもない(断言)。こういうのがこの作品の世界観ではないか。
グリズリーさんは何をやってもワイルドで好き。グリズリー・バーの回は原作にもあり、
アニメ演出は幻想的で良かった。
今月の笹子さんのED、声はすごく良いと思うんだけど... 曲は可もなく
不可もなく、って感じだなぁ。
グリズリーさんみたいに既存の曲のアレンジ(?)とかでも良かったのでは。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

しろくまカフェ [しろくまカフェ ]

今日もツ○ヤでしろくまカフェが借りられなかった。

漫画好きを自認しつつも、最近はほとんど借りて読んでしまう。
こんなんで漫画好きと言えるかと思うが、
結局、部屋に置き切れなかったり
飾りとなって埃を被っている現状からして
賢明な判断といえよう。というか、もっと昔からこのシステムがあったら良かったのに。

しろくまカフェは月刊Flowersの連載作品だが、今月から無期限休載とのこと。
アニメがとても気に入っていただけに非常に残念だ。

パンダ役の福山さんも、ペンギン役神谷さんも、普段のイケメンヴォイスとは
一風違った、ゆるくてほのぼのな声を聞かせてくれる。
ほんとに、声がついて「初めて」この漫画の魅力に気付いた、というもの(失礼)。

原作も改めてコミックスで読むと、本編以外でも色々キャラが出てくるのが楽しい。
コーヒー職人修行中のマサキとか)

アニメの方は一年の予定、このゴタゴタが影響しないといいんだけど。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック
しろくまカフェ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。