So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ

上條淳士先生の思ひ出 [イベント]

先月、吉祥寺のリベストギャラリー 創へ上條淳士個展を見に行った。
完売とされていたGASP-Tと、あわよくば先生ご本人にお目にかかれるのでは、
と淡い期待をして。

To-yといえば、85年から週刊少年サンデーに連載されていた、スタイリッシュ
小粋なrock storyである(何だそれ)。当初は知らなかったが、友人から教えて貰って
コミックスを読んで一気にハマった。
ストーリーは勿論、繊細でオシャレなタッチなのに、ちょっとしたギャグがまたツボって、
暫くはバイブルと化した。

個展ではTo-y、その後の作品、最近のキャラデザであるスペース☆ダンディの
ジョニーや、残響のテロルのナイン、ツエルブ達まで。
ジョニーは映画ジギー・スターダストのDAVID BOWIEに似ている、と思っていたが
本当に隣にボウィのイラストも添えてあり、やっぱり~とほくそ笑んだ。
(後に最初のキャラデザが例のボウィと判明。)
上條画のダンディ、コメディタッチなのも笑えた。
そして感動のTo-yキャラクターとの再会に胸が一杯。ホントに、ほとんど修正のない
美しい一枚絵。ああ、来て良かった…
そして画廊内の絵は、先生のご好意により撮影OK(ガラカメなので、気が引けて
3枚ほど撮る。)

そこへ先生登場。会場は一気に色めき立った。ボーッとして、見るだけのつもりで
来たのに、気が付けばサインの列に並んでいた。
先生はスタジャンにジーンズ、赤いブーツがオシャレなカッコイイロックおじさん、
いやお兄さんという風貌(称賛の表現)。
チャボと並んで、同じバンドメンバーと言われても違和感ない。

先生は気さくにサインに応じ、ファンと話したり写真を撮るなど、和やかなご様子。
すっかり忘れていたが、この日は風邪気味で、えらく適当な服で来てしまった。
ここはオサレピープルの街、吉祥寺だというに。そしてマスクも。
ついに自分のターン。緊張でガクブルしながら、To-yの頃からのファンですっ、
と告げた。
それまで和やかに談笑していた先生は、急に笑顔が消えテンションが下がったご様子。
To-yとか言うから年齢不詳&不審者オーラ[exclamation&question]
それともマスクなんかしてたから、カイエみたいに懐からナイフでも出すかと
思われたかしら。
(カイエとは、To-yに出てくるペニシリン・ショックのヴォーカリスト)

それでも先生は風邪ですか?とか遠くからわざわざ、など、大変気を遣って
下さった。うう、優しい~~
しかしよく考えたら、To-y以降の作品はちゃんと読んでいなかった。
(これだけ熱烈アピールしてひでぇ。先生、すみません。)
依然、緊張ほぐれず終了~(握手して下さった[揺れるハート]
やっぱり行って良かった。家で改めてサインを見たら、私の名前は呼び捨て?で書いてあり、
(サインというと、~さんへというのが普通かと)それもまた、ロックで良かった。
自分の中での神?!は現役ロッカーだった[カラオケ]




リリィワールドでキュフ~ *星野リリィ アートワークス* [イベント]

梅雨が明けたら猛暑&気温ダダ下がりで、夏バテ前にこたえるのぉ[ふらふら]
その暑いさ中に表参道のリリィ展に行ってきた。

*輪るピングドラムとの出会い
始まっていた事も全く知らなかったが(当時はタイバニブーム)
何かの拍子で見たサイト(陽毬の衣装コラボか何か)でペンギンに一目ぼれ[黒ハート]
既に半分過ぎていたものの、色々手を使って(笑)物語を追いかけてハマる。
お気に入りはエスメ。真砂子に忠実で1号に超ラブアタックなのが心を打たれる。
(キュフ~とは、言わずと知れたエスメの鳴き声)

メインはエンドカードだけど、かなり拡大サイズの展示で見応えがあった(禁断の17話も!!)。
単行本表紙も好きなので、拡大展示が嬉しい。
マルイワンの展示会ではガラスケースの中だった設定画も、柱にダイレクト貼り。
アンソロジートリプルHの原画も感激ひとしお(泣ける)。
ところでデジタル画法に関しては無知な私、原稿に全然ホワイト使ってない!すっごーい!と
驚愕したが、これもデジタル原稿やも知れぬ。それにしてもリリィ先生の技術&絵の可愛らしさは
心をつかんで放さない。ああ、眼福[揺れるハート]
リリィ絵のファンシーさが、物語の重く、ハードな部分をやわらかく彩ってくれていると思う。
(アニメの西位さんのキャラデザも好きだ~)

グッズでタンブラーの替え紙を買った。可愛すぎて使えない[ぴかぴか(新しい)]
(実物は高倉3兄弟だけど、上手いこと撮れなかったので)
品薄なので、丁度入ってきたところだった[グッド(上向き矢印)]
リリィ展.jpg

入場券(500円)は1Fのカフェでコーヒーと引き換えられる。
でも、せっかくなのでKIGAアイスカプチーノも注文してみたい...(これは引換券使えないYO!)

開催は29日(日)まで。最終日にはじゃんけん大会があるらしい。が、会場はわりと狭いので
ちょっとキツキツになるかな。




かえるといえばりんごちゃん。

共通テーマ:アート

坂道のアポロン トークイベント ~佐世保っ子純情~ [イベント]

昨日のニコ生イベントは充実していて、お肌も心持ち潤った気がする[ぴかぴか(新しい)]
動いている諏訪部さんを見たのがお初な上に、諏訪部さん自ら仕切るという贅沢さ。
そして薫に千太郎の中の人たちも[揺れるハート]
声優さんに関してはライトファンだけど、生で見られるというのはやっぱり貴重だし感激[exclamation]
(根はミーハーだから....しかし、最近ミーハーってあまり聞かないな。死語?)

木村さんはピングドラムの晶馬、細谷さんはちはやふるの新、諏訪部さんはテニスの王子様
跡部様...と、自分の中でも特に好きなキャラの人々だったので、アポロンの配役を知った時は
小躍りしたものだった。
諏訪部さんは淳兄のコス、木村さんは薫の眼鏡(販促?)とサービスしてくれてた。
細谷さんは照れが入ってたのか普通のカッコだったが、素朴さがまた良かった。
いや、普通にイケメン俳優じゃないか[ハートたち(複数ハート)](もち諏訪部さんも木村さんもカコイイでがんす)。

トーク内容は方言に苦労した話や(主に細谷さん)、薫のあさりぶちまけ事件にちなんで
かつて「ぶちまけ」た事について、諏訪部さんが飼い犬愛[犬]を語ったり、盛りだくさんだった。
細谷さんは2時間のイベントの時に我慢できず、トーク中にトイレに行った事など、
まさかのシモ・トークも(ぶちまけた...って、そっちか!と木村さんらにツッコまれる)。

渡辺監督は現場が「修羅場で火の車」の為、VTRゲスト。
日曜の時点で最終話をまだ修正中とは... でも会場では放映されたらしく、
その後うっかりネタバレを見てしまい、激しく後悔[バッド(下向き矢印)]

アポロンといえば、演奏シーンは実演を絵コンテに起こすという方式だけど、
なんと松岡君の「バン・バン・バン」も、岡本さん自ら実演していたとは[カラオケ]
アフレコ収録でも実写・松岡くんだったそうで[わーい(嬉しい顔)]「公開処刑」(諏訪部さん)って、あんまり[あせあせ(飛び散る汗)]
彼は将来アイドルになるんだよ、とかさんざいじられていたけど、ぜひ見たい!岡本星児[ぴかぴか(新しい)]
DVD特典に期待しよう。

最後、細谷さんは「まだ千太郎のシーンは客観的に見れない」などと仰っていたが、
今や千太郎は細谷さんでなくてはありえない、という位、ハマっているではないか。
豪放、バンカラにして繊細。百合香さんに恋煩ってる時の千太郎はえらく純情で、
素朴な雰囲気の細谷さんにもダブるのだった。(すっかり細谷さん押しの内容になってしまった。)



今週で終わりって、寂しか~(佐世保方言ふう)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。