So-net無料ブログ作成

脳内ポイズンベリー【小籠包】 [映画]

また久しぶり更新になってしまった。
脳内ポイズンベリーが映画化、と聞いた時には見ようと心に決めていたが、
主演が真木よう子だったり、最終巻が出るまで時間があいたりなどで、
DVDが出たらでもいいか、などと興味もダウンしていた。
しかし、最終巻が思いの外良かったので、見る気になったのだ。

真木よう子はイチコとは真逆なイメージじゃん、と思いはしたものの
映画は原作を踏襲しながら、新たな世界観を作っていた。
『いい人だけどときめかない』越智さんはよりマッチョで人間くさかったし
こちらは原作通りの、ゆるふわアート少年早乙女も、それなりに痛い目を見たりで
恋愛ドラマとしても雰囲気に流されず、さらに深みを増していた。
(早乙女の痛い目は、監督の男目線の成敗、か?)

そして脳内パートは、舞台劇風味が面白かった。映像もデイズニー映画の如く
凝っていたし、脳内メンバーもうるさ過ぎが丁度良かった。
ハトコは明日ママのピア美だった(この時のうるささがキャスティングのキモか)が、
内容アダルトな所もあるけど、いいのかな、いいんだな。
ラスト近くの、議長西島秀俊の演説には感動してしまった。

原作の最終回も、チューリップ畑で魚を解き放つシーンが素晴らしかった。
少女漫画を読んでいて良かった、と思うのはこうした感動に出会える時だ。

イチコのオシャレな部屋も可愛らしくて、真木よう子はやはりボンデージの時のが
良いとか思う事もなかった。
しかし、早乙女役の子はピッタリだったね。可愛い系で微妙に妖艶かと思えば
そうでもなく(オイ) まさに今時の草食系男子だ。もう少し若かったら、テニミュの
リョーマ役やってそう(もうちょっと小さかったら)。






共通テーマ:映画

海月姫 ~蔵子がヒロイン?!~ [映画]

なかなか見に行けなかったけど、終了間際でやっと見てきた。
やっぱり能年ちゃんきゃわわ~

って、ダサモサの月海が普通以上に可愛いので、ビフォーアフターが今一だなぁ。
蔵之介はキャスト発表時の菅田君が、丁度『主に泣いてます。』のこももみたいな
ルックスだったので、大丈夫かーと危惧していたが、想像を越える完全無欠の女装子で
いやびっくり。メイクさんGJなのか。菅田君のなりきり蔵子、華やかで良かったわ~

尼~ずも原作にキャラを寄せてて頑張ってたけど(まややはアニメ見たのかな)
漫画のノリを実写にするのは難しいのか、と思う場面も…(特にアキコギャグは)
蔵之介が月海を意識する辺りとか、無理やり感あったし。
漫画ダイジェストの運命なのか!?
ショーの蔵子はめっちゃキラキラしてて、こっちがヒロインか?と惑うことしきり。
ラストのクラゲドレスの時なんて、きゃりーぱみゅぱみゅに見えたわ。

シュウシュウのハセヒロも良かったけど、ドラマのデートを見てるからか、
あれ、ニートじゃなかったか、と混乱したり、もこみちも花森さんハマってたけど
変態性がなくなっててちとガッカリ。
など、文句をつけつつも楽しめたので、レンタル出たらまた見よう。




共通テーマ:映画

ミギー鑑賞 [映画]

映画 寄生獣を見てきた。ついにリアルミギーである。
あの、三丁目の夕日の山崎貴監督、あの、相棒・バースデー回の、リーガルハイの
古沢良太脚本ではハズレ無し、と確信していた。
原作は殺戮場面の多さに辟易して、途中から読まなくなってしまったが…

映画は多少の改変はあったものの、迫力ある内容だった。
グロい場面もついぞ引き込まれてしまう。それはミギーの魅力ありきである。
ピクサーアニメのキャラクターのようなしなやかさ。
シンイチ役の染谷君も、キャラ変するあたり見事だ。
朝ドラでおなじみ、橋本愛や東出昌大も若さ全開で、スクリーンが華やいだ。
東出氏の演技には何も言うまい。深津絵里は無感情の中で心の機微を表現していて、
やっぱり女優やわ~と引き込まれた。
原作の女の人って、あんまり美人に見えなかったものな~[わーい(嬉しい顔)]

それにしても、いいところで続くってどうよ!?しかも来年4月って
るろ剣だってそんなに間開けてなかったじゃんよ。
BUMP OF CHICKENのテーマ曲は良かった。
戦闘モードのミギーが特にラブリー。


《追記》ちょっとどころか、かなりの改変だったなあ。
この前のX'masデコレーションのミギーはキラキラとまばゆかわいかった。

共通テーマ:映画

ミギーラブ [映画]

最近「寄生獣」を読み始めてから、ミギーが可愛いくなってきた。
元よりグロは苦手なのだけど、ミギーの存在が中和させている。
加えて、今週の映画版のニュースでふなっしーとの共演、いやゲストに出た
だけだがゆるキャラにいそうな存在感!
主演の染谷君も語っていたが、唇がキュート&セクシー。
ふなっしーさしおいて(笑)もっと番宣にも出ないかな。
画像のアップの仕方がまだ分からず悲しい~(ノ_・。)

『新しい靴を買わなくちゃ』をまた見なくちゃ [映画]

北川悦吏子といえば、「愛していると言ってくれ」「ロンバケ」などの代表作で知られているが、
良作であれども「ヒロインが男子を振り回してる」という印象が先行して、どうにもスイーツ脳ドラマの
イメージばかりだった(いわゆる月9的な)。
前のツイッタードラマ「素直になれなくて」は、むしろトンデモドラマの印象ばかりで
(玉鉄が可哀そうでのう)もう、ドラマ脚本家の旬を過ぎたのかと思っていた。
そして中山美穂といえば、子育てが一段落したのか、映画にドラマに復帰して久しいが、
前に見た寝台特急のドラマ(佐藤浩市のやつ)があまりに古臭くて、復帰後は
良いイメージがあまりなかった。

そして今作を日本映画専門チャンネルで見た(監督&脚本)。
パリを舞台とする、若手カメラマン(向井理)との3日間の恋、的なお話。
(こう書くとマディソン郡の橋みたいだ。)
評判を何となく聞いていたので、前半は家事をしながらのながら見であったが、
ドキュメンタリータッチで、画面がうるさくない、というのが良かった。
音楽が坂本教授というのも惹かれたのだけど、爽やかイケメン・向井理も
そのツルっとした顔立ち(お肌か)や、すんなりした肢体の良い意味での植物っぽさが
全編に一貫して流れるオサレイズム(雰囲気)に実にマッチしていた。

ミポリンと向井はちょうど一回り歳が離れているんだけど、そこは雰囲気で無理なく
画面に収まっていた。
途中でミポリンが身体にフィットしたドレスを着るシーンがあるのだけど、その時に
どうしても40代一児の母の体型を隠せなかったが、その後の向井とのラブ展開では
あまり気にするところではなかろう。

ストーリーにどっぷりハマる人はハマるし、イタタと思う人は思うだろうしで、
二極化しそうな作品だけども、雰囲気と音楽は◎[かわいい]
綾野剛のフェロモンは今作でも惜しみなく発揮されている!
(その後、美術講師になって最高の離婚へとつながるのか...?)
というわけで食わず嫌いは良くない!
再放送でまた見よう。
(最後の軽部アナの解説は暑苦しいのでいらないなぁ。)

あっ、ミポリンはパリであんなオシャレアパルトマンに住んでいるのに(ピアノも所有)、
替えの靴はないのか?...って、ツッこまないのがお約束か。

☆追記☆ その後、再放送を2度も見たら、普通にパリ観光案内映画と化してしまった。
しかし教授の音楽(エンディング)は聴くほどにイイ[exclamation×2]






共通テーマ:映画

田園に死すを見ずして死する事なかれ [映画]

先週20日の『寺山修司ナイト』でようやく「田園に死す」を見た。
(本当は日本映画専門チャンネル)
自伝的要素の強い物語云々、などと解説には書かれているが、画面のインパクトが強すぎて
感想がひねり出せない。考えるな、感じろとはこの事か。
何たっていきなり白塗りの少年が出てくる。70年代のアングラ劇団の舞台を映像化したような印象
だけど、登場人物が一々刺激的なので、ストーリーを追う前に脳の一部をやられてしまう。
(ある意味、脳が喜んでる??)
何だか見てはいけないモノを見てしまった罪悪感すら感じてしまうのである。
しかしまた見たい、と脳内麻薬が...

以前ネットで見て恐ろしかった「川上から雛壇が流れてくる」シーンも、全体の一つと捉えると
違和感がなくなってきた(慣れてきたのか)。
最後のシーン、これまたドリフかと思ってしまったが、74年作品ということを鑑みると実験的だ。
(全てが実験的なんだが)
ATG映画でないと、こういう作品は無理なんだろうな~~。

とにかくこの映画を見ると、しばらく寺山修司で頭が一杯になってしまうので注意[爆弾]




共通テーマ:映画

くまさんに癒されよう 《テッド》 [映画]

ted.jpg

プーさんにパディントン、リラックマにくまモン...[かわいい] 心のアイドルは、大概くまであった。
そんなわけでテッド。間違えて[わーい(嬉しい顔)]吹き替え版を見たのだけど、エンドロールまで
テッドが有吉だとは気付かなかったな。結構いい仕事してた(三木眞さんも出てた[揺れるハート]

アメリカン・ジョークも久々だけど、それよりもお下劣さが勝ってて脳が溶けそう。
でも、テッドの眉毛が愛らしいので、結局かわいさに着地する(最初のE.Tごっことかも)。
二人の本気殴り合いは、ぬいぐるみとは思えないド迫力。
フラッシュ・ゴードンはアメコミだっけ。日本だと今一つ浸透してないからなあ...
(日本でリメイクするとしたら、ガンダムやエヴァになるんかな←二次元[exclamation×2]
見終わった後はハートウォーミングなんだけど、かわいかったテディ・ベアが別の生き物に
思えてきた。何と言うか、サンタクロースは本当はいない、と知ってしまった子供のような[もうやだ~(悲しい顔)]
それでも、リピーターが多いのもうなずける。DVDが楽しみ~[CD]



テディ・ベアといえば谷原章介さんは著名コレクターなのに、プロモ出ないのかな

共通テーマ:映画

2013年はロボジーからの~ [映画]

新年が明けてもう5日[グッド(上向き矢印)] まもなく6日... ってゆる過ぎ!
こんなブログでも、ご訪問された方には感謝[キスマーク] 今年もどうぞ、ごひいきに~[晴れ]

さて、今年初の映画(といってもDVD)はロボジー。丁度1年前の公開で、面白そう~と思っている内に
1年経ってしまった。年月とはこういうものかは。
で、ストーリーは特に意表をつかれるところはないのだけど(出オチ?)、安心して緩さに
身を任せられるロボジーワールド。かもめ食堂や、めがね等のまったり映画好きの私には
劇的ツボだった。
吉高由里子も、今まで見たどの役柄よりもハジけて輝いて見えた[ぴかぴか(新しい)]
そして本編と同じ位に、エンドロールのイラストにハートを撃ち抜かれたのだった[爆弾]
(ソリマチアキラさんのイラストなのねー)

ロボジー①.jpg

ロボジー②.jpg

セル特典で監督初のアニメ有り!!と謳っていたけど、ソリマチさんのキャラデザだったら見たいな[カチンコ]
というか、ロボジー本編アニメ化希望~[かわいい]




共通テーマ:映画

最近見た映画 [映画]

ベルサイユ熱がまだふつふつとくすぶっている頃に、ソフィア・コッポラ監督の
『マリー・アントワネット』を見た。
ああ...どうしようもないガッカリ感が。
アントワネットはお菓子と断頭台がセットじゃないのかね[むかっ(怒り)]
きゃりーぱみゅぱみゅのPVかと思ったよ(公開は2007年だが)。フェルゼンは何かチャライし。
しかし、こういう世界観だとは知らずに見たのがやはりいけない。
以前、普通の時代劇だと思ってニノの『大奥』を見たご老人が、何だこれはー!と怒りのレビューを
寄せていたが、それと同じ事であるよ。

土曜には『それでもボクはやってない』を、TVで久々に観た。
加瀬亮は好きな俳優で、スペックやめがねなど色々見てきたが、この時は学生でもいけそうに
若い!全般にドキュメンタリーのような作りが、成り行きをハラハラさせられた。
無罪を連発(?)した裁判官が左遷されたり、改めてショッキングな事実も知り、
99.9%が有罪という現状、裁判官の心証一つで判決が決まるなど、色々考えさせられた。
フジも踊る~や海猿ばかり手掛けてないで、こういう社会派作品にも力入れればいいのに[映画]

コドモ警察も映画化[ひらめき] これも密かに楽しみにしているが
刑事たちは確実にオンエア時よりも大きくなっちゃってるだろうな~(公開の時に)




共通テーマ:映画

最強のふたり [映画]

目の痛みがマシになってきたので、評判の『最強のふたり』を見てきた。
噂に違わず感動、満足の1作だった。
富豪の身障者と介護青年の実話を、コメディにしたのも良かった。
全ての人物が人間味あるキャラクターで、一つ一つのエピソードも笑えて粋だし、
音楽の使い方もさすがという感じ。
DVDが出たら、また見たい!!





共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。